女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

観術で変化したこと?

私ね〜子供のころから変身願望があったんですよ〜

なんていうと怪しい人みたいですけど、
アンパンマンとかシティハンターとか、ヒーロー的な人にあこがれを抱いた幼稚園時代。

そんなものにはなれないと実感することが多発した小学校時代。

資格が大事だと親からちょこちょこ、世間からもちょこちょこ聞かされた中高生時代。

そうして、スーパードクターになろうと思う訳です。


ちなみに母も病気、姉も病気、親友も病気がありその親友は15歳でこの世を去りました。

にもかかわらず私は20歳までで熱を出したのが数回。

恐ろしく健康に育ち、健康面だけ言ってもヒーローだった訳です。

そこで自分が何をしようかって?
多くの人に健康を提供したくなるじゃないですか〜

だから医者になってみたんです。
でもなかなか治らない病気ばかりで、だいたい600種類の病気のうち、その1/3ぐらいしか
治るものってないんです。

だったら残りの2/3治したくなりますよね〜

でも、なかなかその原理原則が見えてこない。
学んでも、調べても、見つからない。

自分で作り出すことはできないのか・・・・絶望にシケっていたときに観術を出会って、
それらの限界すべてを超えられることを知りました。

感動歓喜!
生きててよかった!
希望を捨てなくてよかった!
これでもう、大丈夫って思えました。


まあここまで言っても現実的に理解するの無理に等しいです。
なぜなら伝達するのがとても難しいところだから。
何十日ってかかっていた観術の核心技術。
いまではまるまる四日間イスに座っていたら、知ることができます。
いや〜進歩したものですな〜
人類に超えられない壁はないんですね。