読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

女医の悲しみ

一般にも言われていることですが、瞬間瞬間の感情って常に一つではないと思うんですよね。




虚しさと悲しさが一体になっていたり


喜びと躍動が一体になっていたり



言葉にするのは難しく、ギリギリわかるかわからないかの境界線にあるのが


感情ではないかと思います。



いま、このブログを読むあなたは


どんな感情ですか?





わたしは軽い高揚感と少しの焦りがありますね。





高揚感は「このことを誰かに伝えたい!」


そして焦りは「電車が目的地に着いてしまう前に書き切りたい」(笑)



さて、私がいつも悲しいと思いながら、エネルギーの源にしているものがあります。


それは



「分かり合えないな」と思って諦めてしまう瞬間を見たとき。




日々日々ありますよね。


病院で医療関係者と
学校の友達と
家族と
スーパーの定員さん
洋服屋のお姉さん
FacebookやLINEのやりとり





人のコミュニケーションはずれるもの
100%わかりあうことなど不可能です。


子供の頃のわたしは母がいつも私の話を理解してくれず、隠れて泣いていました。


「どうしてお母さんは私の話を分かってくれないの??
私のこと嫌いなの?」


人間の脳はお互いを100%理解できるように作られていません。(^^;;


だからこそ、わかり合うためには最新のツールImage言語を使って欲しいのです。









なおみ