女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

忘れられないこと。

それは9・11テロ事件。


9・11の時、私は高校生だった。

あの時とにかく怖かった。

家で一人、そのニュースを見て、怖くてたまらなかった。

そうしているうちに瞬く間に二機目が墜落。

一瞬で建物の中の人が死んだ。


私たち人間が
一瞬でアリの巣をつぶすような、まったく強大な力によって
つぶされてしまう命について考えなければならなくなった。


その頃私は医大を目指す高校生だったけど、
日本を離れてアメリカ、しかもこの殺人だけはは無視できないと思った。


世界はつながっている。

そのことは学校でも学んでいたし、
現にメディアによって世界が運命共同体だということも知らされていた。


どうしてこんな事件が起きるんだろう?
どうして人は殺しあうんだろ?
どうしてこんなに悲しいんだろう。


たくさんお金と権力と知識がある人達が世界を平和にしようとしてくれているのに、
どうしてこんなに突然、たくさんの人が死ぬのだろう。


事件の二年後、私は突然平和のピースと偶然出会った。
個人の衝突も
集団と集団の衝突も
国の衝突も
宗教観の衝突も


みんな原因は同じ。
解決する道具も実は同じ。

原因が明確にわかれば超えていくのは一瞬。

日本が産んだ認識技術で平和を再構築。
経済戦争を超えて、文化の違いも超えていかなければ
世界はみんな沈没してしまう。


沈没しない案があるのなら、それを使うまででしょ。
なんでみんな出会わないの?

あるよ、答えが。

http://peace-renaissance-japan.org/