おしゃべりな女医〜心と身体を暖める観術の秘密〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

HITOTSU学講座へ

f:id:naomong703723:20160605212628j:image
静岡で産業医研修会のあと、新幹線に飛び乗った。

飛び乗る必要はないのだけど、ワクワクして
未だ発車するはずがない新幹線に
勇んで乗り込んだ。

車内で軽い夕食を済ませ、
「(早く、早く着けー!!!)」と心で叫んでいた。



f:id:naomong703723:20160605212616j:image

トンネルを抜けるたびに「まだ富士山かい!」ツッコミながら、、、

正直1日かけてのつまらない研修で
身体も脳も疲れているはずなのに
少しも眠れなかった。

乗り換えて乗り換えて、やっと着いた参宮橋。

急ぎ足で青少年オリンピックセンターへ。


今日もほぼ満席。

でもよく見ると前の方の席が空いてる。
日本人はなぜか前を開けたがるが
私は前の席が大好物だ。

前から4列目の端に座した。
もう、前半が終わっていた。

先に参加していた友人によれば
思いもよらない「アメリカ」の話に
目から鱗だったらしい。

そして、6感覚メタ認識のことが気になっているそう。
とっととセミナー受ければすっきりするものの
3日という時間は取る気にはなれないらしい。


後半が始まった。
夢中で話を聞いていたせいか

あっという間に終わってしまった。

後半だけでも十分に楽しめる内容だった。
この内容で1000円は安すぎる。
どう考えても。


さすがは内海さんである。

新しい世界史のイメージがバンバン入ってきて
アメリカに対して感動すら覚えた。


アメリカの涙を知り、ネイティブアメリカンの観点も学べた。

そこに対比した形での日本の涙も。

20世紀の世界中の涙を感じることができた。
その涙をほんとうの意味で超えていく時代。
資本主義、共産主義を超えて
本物の平和な地球を作るコンテンツ。
それが観術、NRグループだという確信を深めることができた。

この場を作ってくださった内海さん、Nohさんをはじめ関わってくれた全ての人に感謝したい。


深瀬尚美


【HITOTSU学講座】
【内海あきのり】