おしゃべりな女医〜心と身体を暖める観術の秘密〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

歴史の解釈について

f:id:naomong703723:20160626114642j:plain

 

観点の問題を理解しない状態で歴史を解析することが

どれだけ危険なんだろう。

 

人間はひとりひとり観点が違う

どちらが正しいとか

どちらが間違ってるとか

その判断にすら観点が働く

 

だから観点の問題を本質的に理解し、解決しない状態では

何をするにしても

みかんの皮だけを食べているようなものだ。

 

あなたがフルーツを食べる時、

皮だけ食べて大満足

実が腐ってもぜんぜんおっけー!ということなど

ありえるだろうか。

 

さて、本題に戻る。

歴史、といっても古代、近代、現代に至るまで

かなり様々だ。

 

日本に置ける歴史観

西洋アメリカヨーロッパに置ける歴史観は全く異なる。

 

f:id:naomong703723:20160626114826j:plain

 

アジアだけでみても

日本と韓国の歴史は全く違う。

 

日本人が東京裁判についてほとんどしらないことを知ると

韓国人は目を広げて声を上げる。

 

それくらい日本にとっても韓国にとっても重要な裁判なのだが

本の学校の授業ではその重要性が

生徒の記憶に残るほど語られる事はない。

 

東京裁判はほんの一例。

 

日本人が学ぶ歴史が絶対ではない

韓国人が学ぶ歴史が絶対ではない

 

つまりあなたが知っている歴史は絶対ではないのだ。

もちろん私が知っている歴史も。

 

尚美