読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

Noh Jesu という人②

 はい、昨日に引き続き質問があったので
コレを期に答えたいと思います。

Noh Jesuという人。

 

恐ろしく負けず嫌いで、失敗や反対があればあるほど

燃え上がる時代のリーダー的存在です。

様々な武将なんかにいそうな正確の持ち主です。

 

子供の面倒見がよく、手品の天才(オタク気質を発揮!?)でもある彼は

昔、仲間の子供に少しだけそれを見せたことがあるそうです。

そしたらその子供もとても興味を持って『もっとやって〜!!!!」と、

三時間(!)Nohさんをおいかけ回したそうです。

 

子供の頃から将軍(韓国では「チャングン」)というニックネームで友人も沢山いたそうです。ちなみに今、日本全国で開催しているJappn Mission Projectは「王手!(韓国語ではチャングン!」のイメージです。

日本の中心の中心に王手をかけるのが今、NR勢力が一番楽しみながら情熱を持って

取り組んでいるプロジェクトでもあります。

 

で、話を元にもどしますが、子供の頃、Nohさんがお母さんと一緒に親戚の家に向かっていた夜。ランタンから光が出るのを見て、少年Nohさんがお母さんに訪ねました。

 

「お母さん、光はどこから来て、どう動いて、最後はどうなるの?」

 

お母さんも誠実に答えます。

 

「それはとても良い質問ね。良い質問だから、あなたが自分で調べて答えを見つけるのがいいわ」と。

 

f:id:naomong703723:20160630071027j:plain

 

あなただったらどうしますか?

 

私がそんな質問を受けたら

「それ知っても役に立たないから、知らなくても大丈夫だよ」とか

「ちょっとGoogleに聞いてみるね」とか

「理科の教科書にある程度は載ってるんじゃないかな」とか答えてしまいそう。

 

重要なのは答えを教えることだけではありませんよね。

答えの探し方や論理立てて話す事も教育の一環です。

このお母さんのアドバイスは矛盾なくなりたつ論理をNohさんが発明するきっかけになっていると私は思います。

 

この素敵なお母さん、反日の韓国では珍しい親日家でした。

「日本政府だった時は良かったわ〜強盗とかもいなかったし。

それに日本が作ったダム(貯水池)は雨が降っても絶対決壊しないのよね」と

言っていたそうです。

 

f:id:naomong703723:20160630071210j:plain

 

 

また、韓国の小学校中学校では

日本製のシャーペンを一本持っていれば、その場所では「ヒーロー扱い」だったそうです。それくらい日本の製品を神格化していたんでしょうね。

 

確かに、2016年現在でも韓国でペンを買う時は注意して買います。

以前300円くらいのボールペンを買いましたが、書く時に軸がぐらぐらして

書きにくかったのを覚えています。

日本だったら100均の5本105円のものでもぐらつくことはないのに。

 

f:id:naomong703723:20160630071047j:plain

 

外国人だからこそ分かる日本人の良さをNohさんは実体験としても

感じているんでしょうね。

 

 

(つづく)

尚美