女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

人が亡くなるということ

おひさしぶりです。

最近、身近な人を死を通して
いろんな気付きをもらっています。

 

今まで人生の中で何度も死というものと出会いました。

ですが今回のは何かが特別。


悲しさや苦しさと一緒に

一瞬の蓄積が「生」でもあるということを実感しました。

本当に実感する時には感覚ではなく、仕組みが観えるということを今回あらためて理解することができました。


心がどういう準備をして、その通りになって、それを解析して、当然のようにデーターを蓄積し、それが絶対になる。

その繰り返しをその外にでながら観察してゼロ化して再創造しました。



家族や親戚、信頼する友人達との交流を通して

なにが本当に人間を苦しめているのかもよく観え、
これを越えて行くことができる人類に時代が進化していることもまた、

喜びです。

 

「死」という概念に正誤はないのです。


あなたにとっての「死」とははんでしょうか。

 

死と出会うとき、特に死と出会う仕事(志事)をしている人こそ
無意識に規定している「自分なり」の答えを意識化して使うことが必要になります。

無意識のままでは使っていることにはなりませんよね?
無意識のままでは自分の死の概念に使われているとも言えますから。


ですが、その観点固定(答え)から完璧に自由になる境地が必要です。

なぜならその答えはその人にしかわからないし、完璧に自由にならない限り
相手(患者さんなど)の「死」を理解することは不可能だからです。

 

自分の知っている「死」の範囲でイメージ予測している世界は
とても狭いので
その狭さからくるイメージ不可能な世界、予測不可能な世界は
恐怖や不安を相手にも自分にも与えます。

 

恐怖や不安からも自由になれるからこそ、選択して恐怖不安を味わうこともできますが
自由になれないのならそれはただの苦しみにしかなりえません。

 

それをひたすら繰り返してきたのが
今までの認識方式でしたが、新しい認識方式を学び、インストールしていくことが

本来の死の理解だと私は思います。

 

ちょっと今日は真面目でしたね。
なんだかくすぐったい。


読んでくださって、ありがとうございました。

 

 

なおみ

 

 

 

 

 

夏と言えば・・・・恋と花火

はい、なんともこっぱずかしいタイトルですみません。

f:id:naomong703723:20170829093751j:plain

夏といえば?というクエスチョンも
人によって答えがぜんぜん違いますね。


今年は公私共に

恋の話が・・・・濃かった・・・・

北海道の女性達は特に
激しく燃える恋をする方が多いように感じます。

 

始まりと終わりがハッキリしているのも共通しているかもしれません。

激しく始まり
ささっと散る。
ちょっと心に傷はあるけど、はい、次いこー!
的な

ざっくり言うとこんな感じ。

 

30歳を過ぎて、激しい恋ばな(愛ばな)を持っていない女子がむしろ少ない。

彼と出会ってすぐ、猛烈にお互い愛しあったけど
結局他の女性との現場に出くわしてしまい、
速攻破局・・・・からの間をおかずに次の男性へgo!

 

すばらしい切り替えっぷりですねぇ。


でも、よくよく話を聞いていると
皆様、同じパターンでお別れすることが多いみたいです。

 

「男性が話を聞かなくなった」

「突然わかれを告げられた」

「なんで別れたのかよくわからない」

 

同じパターンを起こすということは
自分自身に原因があり、
自分が変われば

パターンも変わる、ということでもあります。

これってかなり希望だとおもいませんか?

 

 

世間一般に恋と愛の境界線は明確ではありません。


もし主観しかないのが「恋」と規定したとすると

ほとんどの恋愛は・・・愛だと思い込んだ「恋」

 

自分の考え方、やり方、在り方、すべての自分と自分の世界観の外に出て
超客観世界から見る「愛」の世界でなければ

本当の愛とは言えないのです。

 

私もどれだけ愛を育むのかを
みなさんと共に育て合いたいと
あらためて思う今日です。

 

 

自分の恋のパターンを知って
愛に昇華させていくには
自分を知り、関係性を知り、新しいパターンを育てて行くことが重要です。

 

なおみ



〜セッションメニュー増えました〜

・恋愛脳basicセッション(2〜3時間)5,000円(税込)

 

・モチベーションの秘密セッション(2〜3時間)20,000円(税込)


セッションをする前に必ず無料相談のお時間を取らせていただいています。

無料相談は電話やテレビ電話でも構いませんが
初回セッションは必ず直接お会いして行います。


その他の質問や相談はメール(naomong703723@icloud.com)までお願いします。

 

なおみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら、もうおでん?

さすがは北海道。
もうおでんがコンビニで売られるようになりました。

 

f:id:naomong703723:20170828235902j:plain

人間は相対的に2度下がると
寒く感じます。

最高気温がほとんど30度行かない北海道の夏。

やっと二回目の夏を迎えたワタクシ。

正直私の判断基準の「夏」というものは到来しませんでした。

来月釜山と神奈川に行くので
きっとそこで「夏」を感じるのかもしれません。

「夏」を規定するのも私の判断基準・観点、私のフィルターによるもの。


北海道では30度にならなくても

蝉が鳴かなくても

夏バテしなくても

汗で透けるくらい洋服が濡れなくても

ファンデーションの色を濃くしなくても

日傘をほとんど使わなくても

 

「夏」と呼ばれるものが到来するのです。

 

 

季節感は特に個人のフィルター(観点、判断基準)によるものなのだと
実感しましたね。


 

個人それぞれのフィルターがあるのに

例えば私のフィルターにお茶っ葉が入ってて

彼氏のフィルターにコーヒーが入ってて

会社の仲間のフィルターに片栗粉が入ってたら

同じ情報(お湯)を入れても

全く異なるもの(思考、感情、イメージなど)が出てくるんですね。

 

だから、フィルターを外さないと
真実(お湯)は決してみることは出来ないんです。

 

 

これが実はかなり盲点だったりします。

同じ場所同じ時間同じものをみていても

それぞれ受け取り方が全く違うこと。

知っているようで
同じで居て欲しい気持ちも働いて

相手のイメージは
自分のイメージ(フィルター)による変異(影響)を

受けていないはずがないのです。

 

だいたい似ているかもしれないけれど

違うところが無いはずが無いのです。

 

もしも違う所が無ければ

あなたはその人と

同じ経験、同じ環境、同じ親、同じタイミングにすべてなっていないと

同じにはなり得ないから。

 

 

そう、だから北海道的なおでんのタイミングの善し悪しは

決定する人の判断基準、観点、フィルターによって
作られているとも

言えるのです。

 

あなたはどんな
フィルターを持っていますか?

 

フィルターを知らずして

本当に順調な

人間関係を気づけるでしょうか?

仕事が、パートナーが応援してくれる自分になれるでしょうか?

 

ちょっと意地悪かもしれませんが

事実として

実感として受け入れるしか無いことが理解出来てしまいました。

 

 

こんな私でも

気になるフィルターの気付き方

わかります。

 

あなたにも絶対にわかる。

確信と信頼を持って。

大丈夫だから。

あなたの方向性が間違ったことは

一度も無いから。

 

 

 

尚美

 

 

 

 

精神、身体、魂、社会のすべての健康

f:id:naomong703723:20170827233932j:plain

個人の限界を感じている
1人では変化できない
変化出来ても遅すぎる

そんな風に過去の私は感じていました。

言語化することすら出来なかったけれど
表現すること
伝えること
客観視することができるようになった

 

よくある限界

この方法でやれば
あの方法でやれば

自分じゃなかったらうまくいくんじゃないか。

そんな風に思って

なんとかしようとして、うまくいかなくて
泣いても泣いても光がこない

 

ちょっと光の糸を掴んでも

途切れてしまった。



そんな私でもやっとやっと辿りついた

ミラクルテクニック観術


気付きや感動が蓄積して
奇跡になって
感動の涙で溢れている
今ここ

精神、身体、魂、社会のすべての健康がココにつまってる。


私が掴んだヒトツの光が

 


人に広まって行く

広まって、更に広まって、内容も濃くなっていく
加速度的に拡大するパワーはやっぱり理にかなっているからこそ。

感覚だけで制圧出来るほど
この世界は甘く無い。

人間の脳は感覚と論理の両面をおさえることが必須だから

1mmの矛盾も不信も残さない観術の論理に
ただただ感服しながら
自分自身が有ることの奇跡を理解、納得、めちゃめちゃ納得。

 

 


尚美

 

やっぱりそうだったか

北海道神宮を抱える円山地区をお散歩中

いま30代の女性に必要なものは何か考えてみた

 

f:id:naomong703723:20170702211355j:image

 

 

パートナー

仕事

自由

お金

子供

 

 

思いついたこはこの5つ

 

この5つがいっぺんに手に入り

確実に準備していくには

 

まず意識を知ること。

 

意識を変えるには無意識を知ること。

 

人間の考え、感情、言葉、行動、関係性はほとんど全て無意識によって作られています。

 

無意識を司る

無意識の外に出会って、それを活用する生き方の自由度は計り知れない!!!!

 

と、気づきながら

ひとりで興奮しつつ

六花亭へ。

 

 

今日は六花亭デートです。

 

どんな気づきと出会いがあるでしょうね。

 

 

 

 

 

尚美

 

 

 

セッションをして気づかされること

私がしている志事(シゴト)のヒトツにセッションがあります。


セッションはクライアントさんが
自分の考え感情言葉行動の「からまり」に気づき感動してもらうもの。


心が本来感じているものを引き出し
本当の自分と向き合いながら
何を変化させるのか明確にすること

 

変化したいのであれば

どこからどこに何が変化するのか
それが明確でなければ変化は難しいもの。

五感覚で掴みきれない
自分の心を

どこからどこに何を変化するのかを明確にするには
セッションが必要なんでしょうね。

人から教わって暗記してはいましたが
セッションをしながらまた気づくことが出来ました。

覚えることよりも
これからの時代は気づくことが大事なんだと
あらためて、教えてもらいました。


暗記が苦手なひとも
これからは気付きの時代だったら嬉しいですね。

f:id:naomong703723:20170701235645j:plain


尚美

設計図を描く

 

言いたいことがまとまらない
そんな日は

 

Blogもやめちゃえって思ってました
 
きちんとしないとダメな私
ダメな私は捨てられる
捨てられて死ぬしかない
 
これが私の無意識のブレーキ
 
人間の心をアクセルとブレーキで表現すると
とてもわかりやすい
 
21年間で熟成された
人類史500万年間のすべての問題の根源・観点の問題を突破する
唯一の道具、認識技術。
 
その認識技術を活用して作られた無意識エンジン発見セッション。
人間のカルマをたった2時間で発見し、アクセルとブレーキで整理してしまう
優れもの。
 
私のアクセルは 捨てられないように完璧な自分になるぞ!
 
私のブレーキは どうせ私は捨てられる・要らない子
 
自分の根底では
どうせ私は捨てられる・要らない子という設計図を無意識にたてているので
意識的にどんなにがんばっても、周りに褒められても、大金貰っても、愛してるって言われても
どうせ私は捨てられる、のお家(結果)完成。
 
 
f:id:naomong703723:20170624004500p:plain
 
本当に本当に設計図通り。
計画通り。
仕組み通りになってしまう。
 
脳を使って「Bはダメだから、Aにしよう」というように努力と根性をフル活用しても
結局設計図通りになる。
 
「私は捨てられる子だからだれにも捨てられないように医者になろう」
 
そんな無意識のモチベーションに支配され、それに気づかないまま医者になった自分を
認めざるを得ません。
 
その仕組み、その設計図通りになっていることを認めなければ何も始まらない。
 
設計図の仕組みを理解し、その結果を産み出しているなら
 
設計図を書ける自分になるしか自由への道はない。
 
その設計図を描くにはこれまで使って来た暗記言語・脳の機能内では不可能と言われています。
 
だから私達は何よりもまずイメージ言語・脳の外を学ばなければなりません。
 
 
 
尚美