女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

設計図を描く

 

言いたいことがまとまらない
そんな日は

 

Blogもやめちゃえって思ってました
 
きちんとしないとダメな私
ダメな私は捨てられる
捨てられて死ぬしかない
 
これが私の無意識のブレーキ
 
人間の心をアクセルとブレーキで表現すると
とてもわかりやすい
 
21年間で熟成された
人類史500万年間のすべての問題の根源・観点の問題を突破する
唯一の道具、認識技術。
 
その認識技術を活用して作られた無意識エンジン発見セッション。
人間のカルマをたった2時間で発見し、アクセルとブレーキで整理してしまう
優れもの。
 
私のアクセルは 捨てられないように完璧な自分になるぞ!
 
私のブレーキは どうせ私は捨てられる・要らない子
 
自分の根底では
どうせ私は捨てられる・要らない子という設計図を無意識にたてているので
意識的にどんなにがんばっても、周りに褒められても、大金貰っても、愛してるって言われても
どうせ私は捨てられる、のお家(結果)完成。
 
 
f:id:naomong703723:20170624004500p:plain
 
本当に本当に設計図通り。
計画通り。
仕組み通りになってしまう。
 
脳を使って「Bはダメだから、Aにしよう」というように努力と根性をフル活用しても
結局設計図通りになる。
 
「私は捨てられる子だからだれにも捨てられないように医者になろう」
 
そんな無意識のモチベーションに支配され、それに気づかないまま医者になった自分を
認めざるを得ません。
 
その仕組み、その設計図通りになっていることを認めなければ何も始まらない。
 
設計図の仕組みを理解し、その結果を産み出しているなら
 
設計図を書ける自分になるしか自由への道はない。
 
その設計図を描くにはこれまで使って来た暗記言語・脳の機能内では不可能と言われています。
 
だから私達は何よりもまずイメージ言語・脳の外を学ばなければなりません。
 
 
 
尚美
 
 

ふと、時代が変わっていることに気づく

お久しぶりのBlogになってしまいました。

 
文章を書くってやっぱり良いですね。
気持ちがすっと立ち上がります。
 
さて、札幌はだんだん暖かくなってきました。
札幌初の六月。
ちっともじめじめしません。
あじさいはまだ葉っぱが7割育ちくらい。
 
実家から届いた早めのトウモロコシと枝豆が
外気と一致しない感じがなかなか面白い。
本当に便利な時代になったなと感じます。
 
今のような郵便、運送の仕組みがない時代に
はトウモロコシを神奈川から北海道に運ぶなんてこと、あったのでしょうか。
 
 
人間でもきっと何ヶ月とかけて移動するのに
トウモロコシも
枝豆もそのうちに食べられない状態になってしまうでしょうね。
 
海路だったとしても・・・難しそうです。
 
私達は今IT中心社会の中、インダストリー3.0(産業社会の中のIT中心)から4.0(人工知能などが中心)が主流の時代に生きています。
 
 

f:id:naomong703723:20170622155419j:plain

 
人工知能が中心の時代になると、仕事の種類がかなり限られてきます。
友人が今まで果たして来た、相談役や、発散役は一部を残して人工知能が担うでしょう。
 
学校や家族で教えてきたことも人工知能が教えてくれるようなるでしょう。
 
楽しみ時代の中で人間のするべきことがなんなのか
人間とはなんなのかを
本気で考えなければ
何をどのように生きればいいのか
わからなくなってしまうでしょう。
 
一歩先を行く生き方をするならば
人工知能時代への対策は
仕事から、人間関係から、プライベートまで
大きな変化が必要です。
 
 
 
尚美

 

北海道を好きになる秘密

f:id:naomong703723:20170330003818j:image

札幌に住んで5ヶ月。

 

札幌ライフを十分すぎるほど満喫しています。

 

都会といいながらも

なんとなくのんびりした雰囲気。

 

自然も多く

人もおおらかで優しい空気に包まれています。

 

札幌は人が多いですが

少し郊外にでると

恐ろしく人がいません。

 

ほんとうに人間より

動物のほうが多そうです。

 

 

さて、私は北海道のこが知りたくて知りたくて

 

知った中で出会った奇跡のツアー『ヌリ路』にのめり込み中です。

 

今では特別ツアーコンダクターを海外から招いて

北海道の歴史と今と未来を知るツアーを

開催するほどになりました。

 

このツアーのおかげで

私は北海道に移住したと言っても過言ではありません。

 

ご興味あるかたはぜひかっこヌリ路』一緒に堪能しませんか?

 

 

下記はご案内になります。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
北海道に眠っている秘密を知っていますか?
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

出会いのセンスが拡がる感動ツアー
『新・教育観光プログラム・ヌリ路』

積み重ねられてきた各地域の歴史を今までにない観点でひも解き、
歴史が私たちの「生き方」とつながって、「生きる力」になる!

今回の北海道ヌリ路は、「人間の可能性の萌芽」を実感する
最強ワクワクツアーです。

あなたが変わり
あなたの人間関係が変わり
北海道が変わり
日本が変わり
世界が変わる。

日本の中でも独特な歴史を持つ北海道。
日本となり、アジアの一員となり、そして世界の一員へ。
時代の道筋が観える北海道ヌリ路をどうぞお楽しみに!

*定員がございますので、ご希望の方はお早めにお申込みください。
*お車を出して頂けるかたにはお車代を出させていただきます。

----------詳細---------
【コース概要】
以下のコースよりお申し込みください。

【日程】4月8日

③1日満喫コース(北海道博物館+月形町
時間:9:40~17:00
(移動時間別)
料金:2,000円(北海道博物館年間パスポートをお持ちの方500円引き)

①北海道の光コース(北海道博物館)
時間:9:40~11:30
料金:2000円(北海道博物館年間パスポートをお持ちの方500円引き)
定員:50名

②北海道の影コース(月形町
時間:13:30~17:00(移動時間別)
料金:2,000円
定員:30名
(午後のみのコースは最低開催人数3名以上)


*お車を出していただける方大歓迎*
札幌駅周辺から北海道博物館、月形町、札幌駅周辺への送迎にご協力頂ける方には運転手代2000円お支払い致します。
*お車以外の方の交通費は参加人数にも寄りますが、参加費とは別途に1000円前後となります。
(一般の交通機関を利用しますと3000円ほどかかる経路です)
*午前のみのコースの方の交通手段は一般の交通機関をご利用いただく可能性があります。

【集合場所】
札幌駅周辺を予定していおります。

【参加お申し込み】
下記のメールアドレスに
①お名前②ご希望コース③お車だし可能・不可能④ご紹介者⑤その他 気になることなど

【お申し込み締め切り】
4月6日(木)21時まで
※お早目にお申込みをお願いします。

【キャンセル規定】
キャンセルの際は必ずご連絡ください(車の都合がございますのでご協力お願いします)
キャンセル方法はnaomong703723@icloud.comにメールをお願いします。
4月7日18時以降のキャンセルはどのコースもキャンセル料金1000円を頂きます。

【その他】
ツアー中、外に約30分ほど出ますので暖かい暖かい恰好、歩きやすい靴などのご用意をお願いいたします。

 

主宰:JAPAN MISSION PROJECT実行委員 深瀬
お問い合わせ:naomong703723@icloud.com 

 

 

尚美

 

 

 

 

 

 

 

心の結び目 Knot of heart 【2】〜踊る女子医大生編〜

さて、前回に引き続きセッションされてみての話。
 
私は女子医大生の頃ベリーダンス

めちゃめちゃハマって習っていたのですが

小さなお教室でありながら発表会、というか市民のイベントへ出場する機会がありました。
 
f:id:naomong703723:20170328003423j:plain
 
↑恥ずかしながらベリーダンスはこんな衣装で踊るやつです。(当時この服装に何ら疑問を抱かなかった自分にびっくり。画像はフリーの画像で私じゃありません。)
 
もう8年ほど前になりますが、確かたった2曲でしかも振り付けは本当に簡単な4パターンの繰り返しだったのです。
ですがその頃の私にとってはとても難しく、とにかく間違えないことに必死でした。
 
今考えればそんなに踊れていないこともないのですが
ダンスのレッスンに行くといつも
「自分だけちゃんと踊れていない」と、思ってしまい
人の振り付けをみると比較してへこんでしまうので
目をそらして自分だけみるようにしていました。
 
でも今ならわかります。
群舞を舞うときに自分だけに集中しては絶対に良い舞いはできません。
群舞すべてが自分、群舞は全体で1人なのです。
だからこそ音楽と音楽の隙間すらもズレることの無い
美しい動きとその動きが奏でる感動を生み出すことができるのです。
 
セッションによって自らが「自分だけができない」という結論を出していることに気付き、
それを過去にも何度も繰り返し、そして悪い結果を生み出していたことに
気づかされました。
 
「自分だけができない」という想いに駆られることは今までも何度かありましたが、
自覚が弱く、その原因を見つけることはできずでしたが
今日その原因はハッキリし、その外にでる技術・認識技術を使って
手放すことができました。認識技術・観術についてhttp://www.nr-japan.co.jp/kanjutsu
 
 
でも約30年使っている自分の心の結び目(自分だけができない、とついつい思ってしまうこと)です。
また繰り返していたら、仲間達にも指摘してもらおうと思います。
 
 
仲間達と一緒に居る目的はそれだけでは有りませんが、
何でも言える何言われても大丈夫な関係性は
何より宝だとあらためて思います。
 
そんな仲間を持つ人を
もっともっと増やして行きたいですね。
 
仲間を求めている人が世界に溢れていることを確信しています。
 
今日もとりとめも無いBlogを読んでくださって、本当にありがとうございました。
 
 
 
尚美

 

心の結び目 Knot of heart【1】 

今日は珍しくセッションされる側とする側の両方を体験しました。
 

セッションについて▶︎http://www.nr-japan.co.jp/service/session

 
普段はする側なので
される側はとても新鮮
 
される側として出会った新しい自分。
 
新しいセッションのモニターとして今日はする側される側を体験しました。
 
セッションは
自分の無意識に掴まれている心の結びと出会い、ほぐしていく恊働作業です。
 
 
f:id:naomong703723:20170328002340j:plain
 
どんなに心が元気に見える人でも
心の結びは自分で発見することは難しいメカニズムになっています。
カウンセリングとは異なり、
病気や悩みのある人だけが対象ではありません。
 
いってしまえば生きている人ならば誰しも必要なこと。
 
そんな恊働作業を行えるプロフェッショナルが
セッション士なのです。
 
今日は同じセッション士の方に
最新セッションである「無意識エンジン発見セッション」を施行してもらいました。
 
彼女のほんわ〜かした空気に包まれながら
するするするする紐解かれていきました。
 
自分自身もセッションする側でもありますから
セッション自体のトレーニングはかなりやりこんであります。
 
でもメカニズムに沿って行うと
また新しい自分との出会いと発見がありました。
 
 
今回は集団の中では「自分だけができない」と思いやすいということが分かりました。
 
この発見はかなり大きく
大学病院の救急で働いていた時や
ベリーダンスの発表の時にもめちゃめちゃ発動していたことにセッション後10時間経った頃ふと気づかされてしまいました。
 
観術のセッションはセッションしているときだけが
気付きのとき、変化のときではありません。
まるで長期的に効果を示す薬のように
意識さえすればじわりじわりと後から後から効いてきます。
 
 
今回気づいたのは。
自分はもし観術とであっていなかったらひっどい医者で居続けただろう、ということ。
 
「自分だけができない」という無意識を持ったまま救急医としての日々を送り、緊急性が最も必要とされる救急の現場では最悪の「周りの医師に協力を求めるのが苦手」という自分を自覚なく作りあげていました。
 
 
「自分だけができない」と思うと自分のできないところをひけらかすのが恐怖に感じます。
それどころか看護師さんやレントゲン技師さんに相談するのも
おっくうになり、どんどん協力体制が取れなくなってしまっていました。
 
「それくらい仕事なんだからやれよ」と、思うかもしれませんが
この根深い無意識の行動の変化は人類500万年間突破出来なかった壁そのもの。
行ってしまえば戦争の原因そのもの。
鉄壁の壁は、最新道具がないと突破出来ません。
 
その突破の道具となるのが
歴史最高傑作の最新技術・認識技術なのです。
 
 
(つづく)
 
 
尚美

 

出会っても出会ってない

出会っても出会ってない。

 

f:id:naomong703723:20170325000248j:plain

 

皆さん、出会っていますか?

「出会っても、出会ってない」というのは

Noh's Wayを学ぶ人達の中では

しょっちゅう出てくる言葉です。

 

Noh’s Wayとは | Noh Jesu(ノ・ジェス, 盧在洙)オフィシャルサイト - NR JAPAN代表・観術創始者 -

 

 

今日は身近な人にセッションをさせて頂いたのですが

やはりそれを実感しました。

 

自分が知っている相手はせいぜい

相手の言葉や行動や表情。

 

それ以上の思考や感情やイメージやエネルギーを

どこまで感じ取れるかで関係性や

相手に対するイメージが決定されます。

 

認識技術を学びながら何度も感じることではあります。

 

それは無意識に相手を何かの枠の中におさえこんでしまって

勝手に相手の人物像を描いていた自分に気づきました。

それは本当の相手と出会っていない、ということでもあります。

相手を純粋にフラットにみることができないということがずっと続いたら

どうなるでしょう。

お互いが偏見の塊でいつまで立っても理解し合うことは出来ないと思います。

 

 

また人間は自分自身を枠の中にいれて

「自分はこんな人間だ」と、無意識に決定ずけているのです。

 

例えば私だったら無意識にある自分の過去の深い決断は

「自分は人より出来ない人間だ」

というなんとも可能性を殺す決断(笑

 

この奥深い決断に気づかせるのがセッションです。

だいたい2〜3時間かけて

1対1でセッション6〜8畳ほどのセッションすルーム、またはカフェなどで行います。

 

今回Japan Mission Projectではフライヤーをお持ちの方は

 

20,000円のセッションが5,000円になる

感動的にディスカウント出来る裏技が有りますので

ご興味有る方は今のうちにお声掛けください。

 

尚美

骨折事件で分かる信頼関係

先日、革命仲間の1人が雪道で骨折してしまいました。

 
雪解けの洗礼。
 
もう何年も走り続けている人だったので
もしかしたら
「ストップする時期」だったのかもしれません。
 
本人は走っているのがあたりまえなので
暇でしょうがない、と言っていました。
 
休むことが苦痛な人も
休みたい人も
本当に人間は人それぞれですね。
 
彼には私を含め、沢山の信頼関係で繫がった仲間がいます。
 
車で病院に迎えに行ったのは私でしたが
次の通院には別の仲間が車で送り
今日の手術は別の仲間がお見舞いし、洗濯も自宅でしているそうです。
 
そしてもうすぐ九州のお母様が飛んでいらっしゃるとか。
 
彼が日々築いて来た関係性の結果でしょう。
 
神奈川のJapan Mission Projectが先日開催されましたが、
その際ほかの仲間達に
「骨折した彼に応援動画撮らせてください」
と、お願いしたら誰1人断られませんでした。
 
短時間でなんと17本の動画撮影に成功(笑)
 
沢山の応援とともに無事手術が成功することを祈るばかりです。
(ちなみに今手術中)
 
Dream和代表として全力で走る姿はとても美しく
 
彼の一生懸命は自分だけでも
他人だけの為でもない
 
必死なのに魅力的で
人への愛情を欠くことはありません。
 
仲間を増やしながら、新しい仲間達へも無限の愛情を注いでいます。
 
どうしてそんなことができると思いますか?
 
新技術と真摯に向きあい、学び実践して来た人間力、人間関係力、組織力は日本の今のどこの企業も欲しがる人材です。
 
本人は自覚していないかもしれませんが、いずれは地域の代表になっていくでしょう。
 
彼の可能性を爆発させた人
成長するための技術を開発した人
それがNoh Jesuという人です。
 
4月1日にほんの20分ほどですがNoh Jesu氏が札幌で講演会に出演します。
 
20代向けのイベントですが
骨折した彼とその仲間達が全力で挑むイベントです。
 
ご興味有る方はぜひご来場ください。
 
20代ではありませんが、私も元20代として参加したいと思います。
 
尚美