女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

光の帝国を見た

「光の帝国」っていろいろあると思うんだけど

あたしも演劇のDVDで別々の劇団ので2本あるし。

今日見たのはキャラメルボックスのもの。

ほんでね、最近自分が思うことと繋がったので書いてみた。


ある子供が訪ねました。


「先生、百人一首を全部覚えることって、すごいことですか?そしたら、自慢してもいいと思いますか?」


先生は答えました。

「確かにすごいことだけど、意味がわかっていなかったらあまり意味がないんじゃないかしら。先生はそう思うわ。」



1年前は私も先生と同じ意見でした。

でも今思うと、先生に言ってほしかったのは、


「自分の評価は自分で決めるものでもあるのよ。
あなたは私やお母さんがすごいって思うことをやるの?」と。



自分の行動の全てを本当に自分で決めているのだろうか?




いや、はっきり言って決めていない。



もとのもとをたどると、親の言葉に未だに翻弄されている。



「人の役に立ちなさい」「お金はあっても邪魔にはなりません」

「その為には資格が必要です」


その時、あれ?と、思った。


母の人生をたどってみると
祖父に同じことを言われてた。


母はその通りに生きている。


これってどういうことだろう?



たどってたどってたどっていくと、お猿さんと同じ考えだったんだろうか?


あ、たどりすぎて訳がわかんなくなってきた。


でも、こういう話好き