おしゃべりな女医〜心と身体を暖める観術の秘密〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

女医の生き方

「女医さんの日常ってどんなですか?」



よく聞かれます、これ。

どんな生活してるんですか〜とか

どんなもの食べているんですか〜とか。


至って普通です。

今日はカキフライ、昨日はパスタ。ナポリタン。


女医だってだけで、なんか高級なものを食べてるイメージがあるみたいですね。


私はもう食べ物とかそんなにこだわりないです。

それよりは自分のミッションを果たすことの方が大切。

生まれてきて何を達成し、何に自分のエネルギーの中心を注ぐのか。



もっと若い頃は 子供を産み育てることなのかな、なんて錯覚していました。

だけど、極論を言えば、それは誰でも、人間でなくても出来ること。

それが中心軸になるならば、なぜ人間で、なぜこの時代に生まれて来たのか

つじつまが合わないと思いませんか?



今日初めてお会いした女性は、とても凛として透き通った方でした。

ですが、何かわき上がるエネルギーが感じられない。

でも本人にはその片鱗がみえました。




わたしはエネルギッシュにミッションに向かって、燃えるように生きたい!


そんな声が聞こえてきたので、私は自分の生き方の話をしました。

たくさんの死と向き合い、真剣勝負をするからこそ、
生の奥深さを見ることができる


その世界観を共有するだけで、感動の涙が出ます。

その世界をともに生きて行けたらどんなに美しいか。


感動の生き方、共有しましょう。





いつもキラキラの心で生きる秘訣があります。


なおみ