女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

知覧へ行きます。

特攻の意味もあまりわかっていなかった私。


母の教育と日本の学校教育によって
私はあまり戦争のことを知りません。


育ったのは神奈川で戦争教育もないし、
広島長崎への修学旅行もありません。



ほとんど自分のことしか考えられなかった頃から、最近は社会に目を向けられるように視野が広がって来ました。

歴史からいまの社会は作られています。

国連一つとっても、70年前のルールが適応されてしまいます。


戦後70年の節目の時、日本人がひとりひとりこれからの未来について、考えざるを得ないと思います。


安保のことも、考えるきっかけを与えてくれたという意味では価値があると思います。



先日、映画「永遠の0」と「俺は君のためにこそしにに行く」「男たちの大和」を観ました。


死ぬとわかって戦い続ける精神は

尋常ではありません。



想像してみてください。
毎日毎日戦争のために
キツイキツイ訓練を繰り返すのです。


死ぬとわかっていても。


あの時代の精神があれば、
今の日本である程度成功するのは誰でも可能だと思います。


いま、競争社会と言われていますが、
本気の命掛けの競争ではないと思います。



私も本気で命がけで、死んでもいいからやりたいことがあります。


その為に、知覧の特攻兵の魂が残る場所へ行ってこようと思います。




なおみ