女医cafe〜ほっとしましょう〜

女医をしながら感じた事・伝えたい事をcafeでおしゃべりするときのように書き綴っています。

女性の恋愛観の進化と暗記言語の限界

 

f:id:naomong703723:20160917024107j:plain恋はうまく行かないもの、と思っていながら

本心では王子様を待っている女性が増えているそう。

(恋愛アプリの影響でしょうか)

 

怖いですね〜

これ、建前と本音の進化系じゃないかとおもうんです。

本音を自覚しながら建前を使うのと、

無意識になってしまっているのとでは大違い。

 

自分の本心が分からなくなるくらい

自分の考え感情に向かうことが出来ない。

 

情報量が多いのが原因のヒトツじゃないかと思います。
インプットが多いと整理能力が低下するのが

暗記言語の大きな限界。

 

イメージ言語(観術創始者Noh Jesuが開発したメタ認識技術の言語)によって、

情報量が増えれば増えるほど、整理能力がアップするようでないと

今の情報化社会では恋愛すらうまく出来ませんね。

 

暗記言語って様は人から教えてもらった言語のこと。
赤ちゃんの時から今まで、教えてもらった言語が沢山ありますよね。
ママ、パパ、ごはん、しっこ、うんこ、トイレ、おやつ、あっち、これ、それ、ようちえん、じじ、ばば。。。。。。

この言語完璧に観えて実はかなりイメージの限界があります。
どんなに説明しても100%伝え切ることは出来ません。

それはそれぞれの脳の中のデータが違うから。

「アップル」と行った時に赤いリンゴのイメージをする人もいればiPhoneをイメージする人もいる。赤いリンゴも大きさや色、リアルさはそれぞれ。
だから暗記言語は不完全なのです。

 

伝達も不完全ですが、整理能力に長けてはいません。

イメージ言語の整理能力足るや無限大です。

 

少しずつブームになりつつある観術。

10月に出るNohさんの書籍も楽しみです。

とりあえず、10月2日はNohさんも若者もドクターも経営者も国際政治の専門家も出演するJapan Missiom Projectがヤクルトホールで開催されます。
ご興味ある方は一緒に行きましょう。

 

project.japanmission.jp